旅 食事 グルメ トラベルバッグ 旅行カバン 海外旅行 人気ツアー 旅行雑貨 スーツケース おみやげ 旅行記 絶景 世界遺産 卒業旅行 観光案内 女子旅 テーマパーク リゾート 旧所・名所 見どころ 治安情報 観光スポット ショッピング
旅 食事 グルメ トラベルバッグ 旅行カバン 海外旅行 人気ツアー 旅行雑貨 スーツケース おみやげ 旅行記 絶景 世界遺産 卒業旅行 観光案内 女子旅 テーマパーク リゾート 旧所・名所 見どころ 治安情報 観光スポット ショッピング
【無料】3ヶ月間オンライン投資スクールキャンペーン

麗しい「ヨーロッパの古城・宮殿」の話題

海外旅行

麗しい「ヨーロッパの古城・宮殿」の話題
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

旅行に関する面白い話題や観光案内および役に立つ情報等を紹介しています。

絶対行きたい!「麗しきヨーロッパの古城・宮殿」選りすぐり9選!

日本のお城がカッコイイのはもちろんですが、石造りのヨーロッパのお城もステキですよね。ディズニーアニメに出てくるような、お姫様や王子様が住んでいそうなお城が、ヨーロッパにはたくさん残っています。誰が、何の目的で建てたお城なのでしょうか?旅行パンフレットやチラシなどでよく見る、夢の世界のようなヨーロッパのお城、その築城主や歴史などと共に、厳選してご紹介してまいります。

まるでおとぎ話の世界!山の上に建つ美しいお城たち

深い森の中に建つ白亜の城「ノイシュヴァンシュタイン城」(ドイツ)

ドイツ南部・オーストリア国境に近いバイエルン・シュヴァーベン地方の深い森の中に建つ、まるで白鳥のように白く美しいお城。
ディズニーランドのシンデレラ城を始め、数々のおとぎ話のお城のモデルになったと言われるほど美しく、今やドイツで最も人気が高いとされる観光スポットとなっています。
古い歴史あるお城かと思いきや、建てられたのは19世紀に入ってから。
19世紀初めから20世紀初めまでドイツ南部にあったバイエルン王のルートヴィヒ2世が、自身の夢と理想を形にするためだけに建てた”趣味のお城”なのだそうです。
そう言ってしまうと見も蓋もありませんが、だからこそこれほど美しくロマンチックなお城を建てることができたのかな、とも思います。

ルートヴィヒ2世は政治経験もないまま、若くして王座につきました。
他国との戦いに敗れ、国が傾きかける中、若き王は厳しい現実から逃げるように音楽や芸術、演劇の世界に没頭。
浪費を繰り返し、宮廷演劇の舞台美術家にデザインを委ねてお芝居の中に出てくるようなお城の建設を計画します。
若き王はノイシュヴァンシュタイン城以外にも、豪華でロマンチックなお城を次々建設。
バイエルン王国の財政は逼迫し、ルートヴィッヒ2世は統治不能と判断され軟禁され、1886年6月、謎の死を遂げます。
このとき、ルノイシュヴァンシュタイン城はまだ未完成でした。

城塞としてでもなく、来賓をもてなす施設でもなく、居城としてでもない、実用向きではない城。
その後も、王室の城として使われることはありませんでした。
王が趣味で造った「自分だけのお城」は、現在では観光施設として一般に公開され、皮肉にもドイツ有数の人気スポットとして多くの観光客が訪れるようになっています。

難攻不落の城塞「ホーエンザルツブルク城」(オーストリア)

オーストリアの都市ザルツブルクのシンボルとも言われるのがホーエンザルツブルク城。
メンヒスブルク山の頂にそびえ立つ巨大な城は1077年、大司教ゲプハルト・フォン・ヘルフェンシュタイン1世によって防衛施設として建てられたものです。
この当時、ヨーロッパでは叙任権闘争(じょにんけんとうそう)と呼ばれる争いが起きていました。
絶対的な権力を誇っていた神聖ローマ帝国の皇帝ハインリヒ4世と、教会の最高位聖職者として権勢を振るっていたローマ教皇グレゴリウス7世の間の、司教や修道院長などの任命権を巡る争い。
「俗」と「聖」、異なる世界の長はし烈を極め、ついに、後の世に於いて「カノッサの屈辱」と呼ばれる、皇帝が教皇にひれ伏し赦しを請うという大事件にまで発展します。

このとき、教皇を指示していたヘルフェンシュタイン1世は、皇帝ハインリヒ4世が武力で報復に出るのではないかと警戒。
侵攻されたときに隠れるための防衛施設の建設に着手します。
そのとき造られたのがホーエンザルツブルク城。
城は数十年の月日をかけて築城され、その後も様々な領主たちによって拡張・強化が図られ、改修されていきました。

ザルツブルクの街を見下ろす小高い山の上に建つ白亜の城塞。
築城当時はその勇壮な姿に誰もが驚いたに違いありません。
現在ではケーブルカーで山頂まで行くことができ、ザルツブルクの美しい街並みやアルプスの山々を見渡すことができます。
眺めの良い場所にカフェが併設されているので、景色を眺めながらくつろぎに行く人も多いようです。

ドラキュラ城のモデルと言われるお城「ブラン城」(ルーマニア)

ルーマニアのほぼ中央部、ブラショヴ県の標高750mの山中にそびえ立っている美しくも不気味な雰囲気を醸し出しているお城。
『吸血鬼ドラキュラ』のドラキュラ城のモデルと言われている「ブラン城」。
築城年や築城主については、詳しくはわかっていないようですが、13世紀の初めごろには既にこの場所には何かしら、木造の砦のようなものが建てられていたと考えられています。
そこに14世紀の後半、石造りの要塞の建設が始まりました。
城に残る記録によれば、1388年には完成していたということです。
城は高台にあり、見晴らしは抜群。
現在のルーマニアの南部に14世紀頃建国されたワラキア公国のミルチャ1世は、当時敵対していたオスマン帝国の侵入をいち早く知る手段として、この城を居城とします。
残念ながら一時期ワラキアはオスマン帝国の属国となり、国は疲弊。
その後ブラン城は賃貸物件のように所有者が転々と変わります。
しばらくは行政が管理していたり、ルーマニア王国建国後は王室の所有になったりしていましたが、21世紀に入ってから、ルーマニアのイレアナ王女の子孫で相続人にあたる一族に返還。
しかし所有者たちは高齢になったことなどを理由に2014年、およそ8000万ドルという値段で売りに出し、大変話題になりました。

小説に登場するドラキュラのモデルとされるのはミルチャ1世の孫にあたるヴラド3世。
ルーマニアではオスマン軍と戦った勇敢な王と伝わっていますが、気性が激しく、捕らえた敵兵を串刺しにして晒したのだそうで、別名「串刺し公」とも。
城には今も、拷問器具などが数多く残されていて、そうしたところからドラキュラ伝説に繋がっていったものと考えられています。

建物だけでなく庭園も美しい!広大な敷地を持つお城たち

広すぎ!まわりの森も全部お城の庭!「シャンボール城」(フランス)

フランス中部を流れるロワール川流域に広がる渓谷には、300を超える城があると言われています。
この渓谷にはかつて、フランスの歴史上重要な役割を果たした都市が点在していたのです。
そんなロワール渓谷に残る古城の中で最も大きいもののひとつがシャンボール城。
16世紀初頭に在位していたフランス王フランソワ1世の、狩猟用に建てられた城だったのだそうです。
防衛でもなく居城でもなく、趣味の狩りに行くためのお城。
わざわざこんなでかい城建てたんかい!とツッコミ入れたくなるほど巨大で豪華な建物ですが、そこはフランス・ルネサンス期を代表する王のこと。
お城を建てるくらいどうってことなかったのかもしれません。
フランソワ1世の死後、太陽王ルイ14世が改修してゲストハウスとして使用した時期もありましたが、残念なことにこの巨大城はほとんど放置状態になっていました。
1930年以降はフランス政府の資産となり、長い年月をかけて整備された後、1981年、ユネスコの世界遺産に登録。
現在では多くの観光客が訪れる人気スポットとなっています。

狩りのための城というだけあって、周囲は深い森。
城のまわりは現在公園になっていて、その広さはおよそ13,000エーカー(5,260ha)、パリ市がすっぽり入ってしまうほど広いのだそうです。
城が見えてから城の近くまで続くまっすぐな道がとにかく長い。
この広場はフランソワ1世の狩猟パーティーのために設けたと言われているそうで、どんなパーティーだよ!と思わずつぶやきたくなりそう。
王様は当然、徒歩ではなく馬か馬車で移動なさったんだと思いますが…とにかく、敷地も建物も、どこにいるかわからなくなりそうなほど広いです。

城の内部の見どころのひとつに、誰ともすれ違わずに昇り降りできるという「二重らせんの階段」が。
設計者はレオナルド・ダ・ヴィンチと言われています。

マリア・テレジアが愛した宮殿「シェーンブルン宮殿」(オーストリア)

美しい庭園を持つお城といったら、オーストリアに目を向けないわけにはいきません。
数ある豪華なお城の中でも特に際立っているのは何といっても、名門ハプスブルク家の離宮で、オーストリアの首都ウィーンにあるシェーンブルン宮殿でしょう。
こちらの宮殿と庭園群は、1996年に世界遺産に登録されています。
”庭園群”という登録名称になっていることから想像つくように、いろいろなタイプの庭がたくさん造られています。
中には20世紀に入ってから整備された日本庭園もあり、日本からの観光客も数多く訪れる場所として有名です。
庭園も広大ですが宮殿の建物も超広大。
部屋の数は1400というから、もうため息すら出ないほどです。
シェーンブルンとは「美しい泉」という意味だそうで、宮殿の敷地内には泉が湧き出しているのだとか。
もともとは16世紀中頃、神聖ローマ皇帝マクシミリアン2世の所有地だったところに、17世紀後半にレオポルト1世が狩猟用の別荘を建てたのが始まり。
こんなでかい狩猟小屋要らないだろ!とツッコミ入れたくなるところですが、その後、歴代の皇帝が増改築を繰り返し、フランス王妃マリー・アントワネットの母として知られる女帝マリア・テレジアの時代に現在のような形になったと言われています。
その後、19世紀初頭にはフランス皇帝ナポレオン1世が司令部として使用したり、ナポレオン戦争後に行われたウィーン会議の会場となったりと、しばしば歴史上重要な出来事の舞台となってきました。
20世紀に入って、ハプスブルク家最後の帝国・オーストリア=ハンガリー帝国が崩壊すると、オーストリア共和国政府の管理下に置かれ、現在では一部を博物館に利用するなどして一般に公開されています。

敷地の中には様々な形状の庭園の他、子供向けの遊具広場や温室、なんと動物園も。
敷地内を一周するミニトレインもあります。
ハプスブルク家の人々は当然、敷地内を馬か馬車で移動していたでしょうから、ミニトレインでちょっぴり、王様気分を味わってみるのも楽しそうです。

イタリアにもあります!18世紀最大の宮殿「カゼルタ宮殿」(イタリア)

お城というとフランスやドイツのイメージが強いような気がしますが、もちろんイタリアにもあります、豪華なお城。
イタリアが統一される前、主に南イタリアを支配していたナポリ王国の時代に建てられたカゼルタ宮殿もそのひとつ。
フランスのベルサイユ宮殿を真似て作られたという豪華絢爛さで、18世紀にヨーロッパで建てられた中で最も巨大な宮殿と言われています。

宮殿の建設は1752年から。
時のナポリ王カルロ7世がお抱え建築家ヴァンヴィテッリに造らせたという巨大宮殿。
完成したのは1845年で、残念ながらカルロ7世がここで生活することはなかったようです。
とにかく巨大で豪華。
部屋の数は1200、庭園の広さは120ha。
宮殿の建設目的は行政上の新たな拠点を築くことにあったそうで、カルロ7世は宮殿内に劇場や図書館、大学などを造る計画を建てていました。
建物面積は4.8haにも及ぶそうで、特に天井の高さには終始圧倒されっぱなし。
この宮殿、『スター・ウォーズ』のエピソード1、2ではナブー王国宮殿のシーンを始め、様々な映画の撮影に使われたことでも知られています。

建物の荘厳さもさることながら、こちらの宮殿の見どころは何といっても広大な庭園でしょう。

宮殿からまっすぐ伸びる長い長い並木道の先には巨大な噴水と、その先にはなんと高ささ80mもの滝。
えっ?あそこまで宮殿の敷地なの?と思わず笑ってしまうほどの広さです。
噴水や滝のそばにはギリシャ神話をモチーフにした彫像が並び、豊かな水の流れと共に庭園を美しく彩っていて、途方もなく広いですが、歩いていて飽きることはありません。
庭園の豪華さはヴェルサイユ宮殿を上回っているとの呼び声も高いそうです。

誰でも知っているあの有名なお城はいつ誰が建てたもの?

人々を魅了し続ける世界一豪華な宮殿「ヴェルサイユ宮殿」(フランス)

世界で最も豪華で、最も有名なお城、といったら、きっと多くの人がヴェルサイユ宮殿の名前を挙げるのではないでしょうか。
フランス絶対王政の象徴的建造物、フランスの首都パリから南西におよそ20㎞のところにある巨大宮殿です。
もともとは17世紀の初めに、ルイ13世の狩猟用の館として造られた、いわゆる離宮でした。
狩猟用の建物が豪華な宮殿になるパターン、ヨーロッパではよくあることなのかもしれません。
そしてその館を、その息子で「朕は国家なり」で有名な太陽王ルイ14世が大幅に増築。
敷地面積はなんと8000ha以上。
ルイ14世はこの宮殿を大変気に入ったのだそうです。
そして1682年からフランス革命が勃発するルイ16世の時代まで、フランス国王の居城として使われていきます。

ヴェルサイユはもともと、川が流れていたわけでもなく、どちらかというと水源に乏しい街でした。
ルイ14世はそんなヴェルサイユに10㎞離れたセーヌ川から水を引き、宮殿内にたくさんの噴水を造らせたといいます。
水のないところに水を引き、何もない大地に豊かな森を作ることで、王の権力を示したのです。

フランス革命の後も、ドイツとフランスの講和条約の場など、ヴェルサイユ宮殿はしばしば、世界的な出来事の舞台として利用されてきました。
1979年には世界遺産に登録。
現在では宮殿内の一部と庭園が一般に公開されており、観光客にも大人気。
相当広い宮殿ですが人も多いので時間帯によってはかなり混雑します。
内部をじっくり見たいなら、時間に余裕を持ってまわったほうがよさそうです。

現在は議事堂として活躍「ウェストミンスター宮殿

ヨーロッパには「えっ、あれ、お城だったんだ!」と驚かされる有名建造物もたくさんあります。
その代表が、ビッグ・ベンで有名な、イギリスのテムズ川河畔に建つあの巨大建造物ではないでしょうか。
現在は英国議会が議事堂として使用していますが、ウェストミンスター宮殿というれっきとした宮殿なのです。
すぐ近くにある「ウエストミンスター寺院」と混同してしまうことも多いのですが、国王の戴冠式やロイヤルウェディングが行われる白い石造りの建物が寺院。
ビッグ・ベンがあるゴシック調の渋い建物が宮殿です。
この場所に初めて王宮が建てられたのは11世紀半ば頃。
懺悔王として知られるイングランド王エドワードがテムズ川沿いに宮殿を建てたのが始まりと言われています。
1529年に大火事で建物が焼けるまで、ウェストミンスター宮殿は王の宮殿としての役割を果たしていました。
火事の後、時の王ヘンリ8世が王宮をロンドンの中心部に近いホワイトホール宮殿に移したため、以後、ウェストミンスター宮殿は議事堂として使われています。
そのホワイトホール宮殿は当時、ヨーロッパで最も大きな宮殿と言われていましたが、残念ながらこちらも火災で建物が焼失。
王宮は1702年にセント・ジェームズ宮殿へ移り、1837年以降はバッキンガム宮殿が英国王室の居城となっています。

現在のゴシック様式の壮麗なウェストミンスター宮殿は19世紀に再建されたもの。
街中でありながらかなり広大な敷地を持つ巨大城で、面積はおよそ3ha。
写真などで見ると、テムズ川沿いに横に長いイメージがありますが、建物の幅はおよそ280mにも及びます。
通常”ビッグ・ベン”と呼ばれるのは時計塔の部分だけで高さは96m。
”王宮”としての役割を終えて500年近い年月が流れていますが、ヨーロッパを代表する豪華巨大宮殿であることには違いありません。

世界で最も大きく最も古いお城「プラハ城」(チェコ)

チェコ共和国の首都であり、チェコ最大の都市プラハ。
歴史ある古い都市としても知られています。
そんなプラハに、世界でも最も大きく、最も古い城と呼ばれる古城があります。
その名もプラハ城。
築城年ははっきりわかっていないそうですが、9~10世紀頃には既に現存する城と同等の大きさがあったと考えられています。
縦570m、横130mという、縦に長い巨大な建造物は、街を見下ろす小高い丘の上に。
7haもの敷地面積の中には宮殿の他に教会など複数の建物と複数の庭園が設けられていて、城というより小さな街のような感じです。
プラハ城は1100年にも及ぶ長い歴史の中で、様々な王朝の王たちによって手を加えられ、時には略奪され、そして現在に至ります。
そのため、敷地内では様々な建築様式を見ることができるのだそうです。
大きく手を加えたのは、18世紀後半、ハプスブルク帝国の女帝でボヘミア女王でもあったマリア・テレジアだったと考えられています。

第二次世界大戦中はドイツに占拠されていましたが、解放後はチェコスロバキア政府機関が置かれていた時期もありました。
チェコスロバキアがチェコ共和国とスロバキア共和国に別れた後は、チェコ共和国の大統領府が置かれるなど、プラハ城は行政の中心としても大いに機能していたのです。

現在でも大統領府として利用されている他、敷地内の建物は一部、美術館や博物館となっており、庭園なども含めて多くが一般公開されています。
プラハの歴史をそのまま凝縮したような巨大古城プラハ城。
城内で行われる衛兵の交代式も見ごたえバグ積んです。

きっとまた行きたくなる!憧れのヨーロッパ古城・宮殿の数々

ロールプレイングゲームに登場するような、美しく壮大なヨーロッパのお城の数々。
日本のお城とは違った魅力があります。
外観や内装を見るだけでももちろん感動いっぱいなのですが、その歴史を紐解いてみると、王様の狩猟のための館がそのまま大宮殿になったケースが結構あって、新しい発見がありました。
現実の慌ただしさをしばし忘れさせてくれそうな、そんなヨーロッパのお城や宮殿。
どのお城も広大なので、しっかり準備運動をして歩きやすい靴でお出かけになってください!

(引用:wondertrip)



「男の勝負鞄とは?」

男の気品を醸し出す「ダレスバッグ」の魅力!

ダレスバッグ倶楽部


男の最強ステイタス鞄「アタッシェケース」の魅力

fivewoodsアタッシェケース・オレンジ色\78,000(品番:FW39129) fivewoodsアタッシェケース・チョコ色\78,000(品番:FW39129)


 【無料】3ヶ月間オンライン投資スクールキャンペーン

世界的に有名なプロのトレーダーによる3ヶ月の本格投資スクールが
今なら「全編無料」で受講できます。
 
投資の正しい判断基準や知識を適切な方法で学ぶことができます。
100万円を支払っても、日本国内ではそうそう受講できない
洗練された知識を、分かりやすく丁寧に教える質の高いオンライン講義です。
 
「途中から有料になる」「後からより高額の商品が紹介される」 
といった事は一切ありませんので、どうぞご安心ください。

3か月間、最後まで完全に無料で、世界基準の投資知識、スキルを学んでいただけます。 この本格投資スクールを受講されたい方は、以下のバナーより、お申し込みください!

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
旅 食事 グルメ トラベルバッグ 旅行カバン 海外旅行 人気ツアー 旅行雑貨 スーツケース おみやげ 旅行記 絶景 世界遺産 卒業旅行 観光案内 女子旅 テーマパーク リゾート 旧所・名所 見どころ 治安情報 観光スポット ショッピング
旅 食事 グルメ トラベルバッグ 旅行カバン 海外旅行 人気ツアー 旅行雑貨 スーツケース おみやげ 旅行記 絶景 世界遺産 卒業旅行 観光案内 女子旅 テーマパーク リゾート 旧所・名所 見どころ 治安情報 観光スポット ショッピング