旅 食事 グルメ トラベルバッグ 旅行カバン 海外旅行 人気ツアー 旅行雑貨 スーツケース おみやげ 旅行記 絶景 世界遺産 卒業旅行 観光案内 女子旅 テーマパーク リゾート 旧所・名所 見どころ 治安情報 観光スポット ショッピング
旅 食事 グルメ トラベルバッグ 旅行カバン 海外旅行 人気ツアー 旅行雑貨 スーツケース おみやげ 旅行記 絶景 世界遺産 卒業旅行 観光案内 女子旅 テーマパーク リゾート 旧所・名所 見どころ 治安情報 観光スポット ショッピング
旅 食事 グルメ トラベルバッグ 旅行カバン 海外旅行 人気ツアー 旅行雑貨 スーツケース おみやげ 旅行記 絶景 世界遺産 卒業旅行 観光案内 女子旅 テーマパーク リゾート 旧所・名所 見どころ 治安情報 観光スポット ショッピング
【無料】3ヶ月間オンライン投資スクールキャンペーン

ポルトガル「歴史的スポット」の話題

海外旅行

ポルトガル「歴史的スポット」の話題
キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

旅行に関する面白い話題や観光案内および役に立つ情報等を紹介しています。

どんな国?意外と知らないポルトガルの”絵になる”歴史的スポット10選

ヨーロッパ大陸の最西端に位置するポルトガルは、お隣スペインと共に長い歴史を持つ国。古くは古代ローマ帝国やゴート族、イスラムの支配を受けていた時代を経て、12世紀半ば頃にイベリア半島の中から分離独立。絶対王政化をはかり、大航海時代の礎を築きます。外洋へと漕ぎ出したポルトガルの船は遠く日本へも。海洋帝国としてよく知られているポルトガルですが、では有名な歴史的スポットや観光地は?と聞かれても、すぐ思い浮かばない、という人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、見ればきっと行きたくなる”絵になる”歴史的スポットを中心にご紹介してまいります。

メルヘンあり魔宮あり?!個性豊かなポルトガルのお城たち

カラフルでカワイイ!おとぎ話に出てくるお城のような「ペーナ宮殿

ポルトガルの首都リスボンの北西の街シントラ。
この街を一望する標高528mの山の頂上に、赤や黄、青など色とりどり鮮やかな建物からなる宮殿があります。
「シントラの文化的景観」として世界遺産にも登録されている「ペーナ宮殿」です。
この場所にはもともと修道院が建っていました。
しかし1755年のリスボン地震の後、周辺地域の荒廃と共に使われなくなり、長らく放置状態になっていたのだそうです。

時が流れ19世紀、そんな修道院跡に目を付けた人物が現れました。
ポルトガル女王マリア2世の夫のフェルナンド2世です。
彼は山頂に赴き、地震による崩壊を免れた建物に魅せられます。
そしてこの場所に理想の宮殿を造ろうと考えたのだそうです。
残念ながら、宮殿の完成の前にフェルナンド2世は亡くなってしまいましたが、彼が遺した建築計画に従って改修工事は続けられました。

一見、遊園地かテーマパークに建てられた城のような、オモチャの世界に迷い込んだような、見る者をワクワクさせる造形が何とも言えず魅力的。
でも決してごちゃごちゃせず、品の良さ・荘厳さも兼ね備えています。
黄色く塗られた外壁を見て「うっ」と思う人も多いようですが、フェルナンド2世は大変教養の高い人だったそうで、きっとこの城造りを楽しんでいたのでしょう。

外部はもちろん、内部も一般公開されていて、調度品などを見学することができます。
また、小高い山の上に建っているため、眺望も抜群です。

まるでドラクエの世界「レガレイラ宮殿」

シントラには他にも、歴代王室の宮殿や城がたくさん残されています。
そんな中にひときわ異彩を放つ、怪しげな雰囲気を漂わせる建造物が。
至るところに抜け道、隠し通路、洞窟が散りばめられ、まるで魔王の棲む魔宮のような建造物。
それが「レガレイラ宮殿」。
名前からして勇者がやって来そうです。
もとは17世紀頃に王族のレガレイラ男爵の別荘として建てられた庭園でしたが、一族が衰退したのち、売却されてしまいます。
その後何度か持ち主が変わり、19世紀に入ってから、ブラジル生まれのポルトガル人大富豪アントニオ・モンテイロが買い取り、かなりの資産をつぎ込んで改修。
設計はイタリアの建築家ルイジ・マニーニが担当しました。

モンテイロは少々変わり者だったのだそうで、改修された宮殿には錬金術の研究所が建てられたり、中世の怪物を模した石像がそこかしこに置かれたり、洞窟や地下通路が無数に張り巡らされたりと、何とも異様な、不思議な空間になっています。

この不思議な宮殿は一般公開されており、中を見学することができます。
敷地が広大な上に奇妙な造りになっているため、地図やガイドが用意されていて、気分はすっかりロールプレイングゲーム。
中でも特に有名なのが「イニシエーションの井戸」と呼ばれるスポット。
ダンテの『神曲』をモチーフにしたという深さおよそ27mの井戸。
渦を巻くように地下深くらせん階段が繋がっていて、底まで降りることが可能。
一番下にはもしかしたら宝箱があるかも?しれません。

リスボンの街を見下ろす四角いお城「サン・ジョルジェ城」

マリオがゴールするとき入っていくお城みたいな形、と言ったら、どんな形かおわかりいただけるでしょうか。
石積みの四角い建物で、てっぺんがカクカクしていて旗が建っている、あのお城の形。
いかにも「西洋の城塞」といった感じの外観をしているのが「サン・ジョルジェ城」です。
首都リスボンの市内にある人気の観光スポットですが、その起源は非常に古く、紀元前6世紀かそれ以前には既に、イベリア半島に住んでいた地元民たちの手によって、何らかの建造物が建てられていたと考えられています。
その後、古代ローマ帝国や西ゴート王国など、半島を侵略する数々の外部勢力たちによって支配され、増改築され、利用されていったようです。

9世紀頃からムーア人(北西アフリカのイスラム教教徒)によって支配されていましたが、1147年にポルトガルの初代国王アフォンソ・エンリケスによって奪還。
改修を加え、以後、新しい宮殿が建設されるまでの間、王族の居城として使われてきました。

2500年以上もの間、リスボンの街を見守ってきたサン・ジョルジェ城。
現在では公園として整備され、一般に公開されています。
城内には10もの塔があり、上がるとリスボンの街を一望することが可能。
多くの観光客が集まる人気スポットとなっています。

ポルトガル王国の栄光を今に伝える荘厳な建造物

大航海時代の栄光を称える巨大建造物「ジェロニモス修道院」

ポルトガルと言えば「大航海時代」の中心的存在となった国。
15世紀から17世紀にかけて、ヨーロッパの国々が外洋へ、アフリカ、アジア、そしてアメリカ大陸へ、新しい大陸の発見と香辛料や織物など様々な産物の獲得を目指して大規模な航海が行われた時代。
ポルトガルは常にその先陣を切る存在だったのです。
ポルトガルをそんな一大海洋国にのし上げたのは、インド航路開拓に従事した航海者ヴァスコ・ダ・ガマ(1460年頃~1524年)であり、航海事業を人材育成や資金面から牽引し続けたエンリケ航海王子(1394年~1460年)といった、いち早く外洋に目を向けた著名人たちでした。
この二人に関する史跡や記念碑はポルトガル国内にたくさん残されていますが、その代表的なものが、首都リスボンのベレン地区にある「ジェロニモス修道院」です。

ポルトガル王国の黄金期を築いたことでも知られるマヌエル1世によって1502年に建てられた巨大建造物。
ヴァスコ・ダ・ガマ、エンリケ航海王子の偉業を称えるため、香辛料貿易によってもたらされた巨万の富をつぎ込んで造られた、マヌエル建築様式の最高峰とも言われる装飾の数々は息を飲むほどの迫力です。
マヌエル1世の死や隣国スペインとの政治的関係などの影響で、完成までに300年ほどかかっているのだとか。
死後なおポルトガルに莫大な富をもたらし続けた大航海の先駆者たちの存在の大きさを、肌で実感できる歴史遺産です。

川を見つめる麗しき貴婦人「ベレンの塔」

ジェロニモス修道院と一緒に「リスボンのジェロニモス修道院とベレンの塔」というくくりで世界遺産に名を連ねているのが「ベレンの塔」です。
リスボンの中心部から少し西へ、イベリア半島を流れる大河・テージョ川沿いに建つ、白く美しい塔。
修道院と比べるとそれほど大きな建物ではありませんが、石灰岩で造られたその姿は秀麗で「白いドレスをまとった貴婦人」と称されることもあるほど、観光客にも大変人気があります。
こちらもかのマヌエル1世の命によって建てられたもの。
ヴァスコ・ダ・ガマの偉業を称えて築かれた、テージョ川の船の出入りを監視するための要塞でした。

塔の高さは35mほど。
豪華で優美なマヌエル様式の特徴が随所に見られ、石の細工とは思えないほど精巧で柔らかな印象の細かい彫刻には誰しも目を奪われます。
川岸から小さな橋が架けられていて渡ることができ、内部の見学も可能。
まるで海のように広いテージョ川を見渡すことができ、監視要塞として建てられたのだということがよくわかります。
潮の満ち引きがあるため、満潮時には地下は水で満たされるのだそうです。

ポルトガルを代表する歴史的建造物「バターリャ修道院」

「バターリャ」とはポルトガル語で”戦い”を意味する言葉。
ポルトガル中央部レイリア地方にあるバターリャという名の小さな街に、ポルトガルの独立を象徴する建築物と言われる「バターリャ修道院」があります。
正式名称は「勝利の聖母マリア修道院」。
その由来は14世紀に遡ります。
当時のポルトガルは、王位継承者を巡って揺れていました。

時のポルトガル国王フェルナンド1世が後継者となる男子を残さず死去。
ひとり娘だったベアトリス王女はカスティーリャ王国(1035年~1715年:後のスペイン王国の中核となる国)に嫁いでいたため、乗っ取りを目論んだカスティーリャ王がポルトガルに攻め込んできます。
これをわずかな兵力をもってバターリャ近郊で迎え討ったのが、ポルトガル王国の黄金期を築いた”大王”と称される人物・ジョアン1世です。
この戦いの勝利を聖母マリアに感謝するために、バターリャ修道院の建設が始まりました。

1386年から建設が始まり、およそ200年の時をかけ、膨大な人員・資源が投入されたと伝わっています。
バターリャ修道院の建設を通して、ポルトガルの建設技術および芸術様式は大きく発展していきました。

長い年月をかけて建設され続けたため、建物内には様々な時代の様々な建築様式が見られ、貴重な遺構とされています。
16世紀には一応完成したと見なされていますが、礼拝堂の天井は未完成に終わっているのだとか。
荘厳な建物は静かにその長い年月を物語っています。

まだまだあります!ポルトガルの街を彩る美しい建造物

天正遣欧少年使節が滞在した教会「サン・ロケ教会」

首都リスボンにある「サン・ロケ教会」は、16世紀末にイタリア人の建築家によって建てられたイエズス会の教会です。
工事期間は1506年から1515年。
始めは小さな礼拝堂だったそうですが、イエズス会の所有となり、彼らが布教地へ赴く際に立ち寄る教会となって、時代と共に何度か増改築が繰り返されていきました。
現在残る建物は、16世紀半ばから後半に建てられたもの。
内装に関しては17~18世紀頃までその時代を反映する芸術様式を駆使した装飾が随所に見られます。

外観は白い石の美しさが際立つシンプルな趣きですが、中に入ると様子が一変。
マヌエル様式、バロック様式、ロココ様式など様々な時代の技法で飾り立てられた眩いばかりの装飾は他に類を見ないほど豪華で秀麗。
見る人々の心を奪います。
この教会のデザインは、イエズス会がポルトガル国内外に建てた教会のお手本となっていったのだそうです。

実はこの教会には、日本との深い繋がりも。
1584年に、伊東マンショ、千々石ミゲルら日本の天正遣欧少年使節団が、宿舎として1カ月間ほど滞在していたそうです。
1582年に長崎を出て苦労の末にポルトガルの地。
サン・ロケ教会の美しいマリア像は、彼らの目にどのように映ったのでしょうか。

アズレージョに覆われた青の礼拝堂「アルマス聖堂」

ポルトガルの建造物によく見られる特徴的な色彩といえば、青い空に映える、深く鮮やかな藍のような青色。
そして、素材としてよく使われているのがタイルです。
ポルトガルには「アズレージョ」と呼ばれる装飾タイルがあり、アズレージョを使った建造物はポルトガルの風物詩ともなっています。
主に青色のタイルが使われることが多く、10~20㎝ほどの小さなタイルひとつひとつに、幾何学模様が描かれていたり、数百枚を組み合わせて一枚の宗教画を描いたり、アズレージョが織りなす装飾は多種多様。
青といっても単純な色づかいではなく、濃淡を駆使して様々な表情を作り出しています。
そんなアズレージョに覆われた建造物として知られているのが、歴史深い古都ポルトの街にある「アルマス聖堂」です。

18世紀に建てられたという教会。
外壁は深い青色のアズレージョで覆われ、その1枚1枚に細かい筆遣いの宗教画が描かれています。
建物自体大変大きく、1万5000枚以上ものアズレージョが使われているのだそうです。
一体どうやって描いたのか、まったく想像もつきません。

現在も多くの信者が礼拝に訪れる、地元に愛される教会として街を見守り続けるアルマス聖堂。
ポルトの街中の、コンクリート造りの建物と並んで建つその姿は、ポルトガルならではの風景と言えるでしょう。

エッフェルの弟子が築いた美しきアーチ「ドン・ルイス1世橋」

ポルトガル北部にある港町ポルト。
リスボンに次ぐポルトガル第二の都市でもあるこの街は、歴史深い古都としても知られています。
そんなポルトの街で、近年ランドマークとなっているのが、鉄製のアーチ橋「ドン・ルイス1世橋」です。
スペイン北部からポルトガルを経て大西洋に流れ込む大河・ドウロ川に架かる、幅8m、高さ45m、上下2階層の巨大な橋。
鉄道用の上層の橋の長さは395m、川面に近い下層は自動車用で174mの長さがあります。
上層下層ともに、歩いて渡ることが可能。
上層は線路との間の柵が簡素なものなので、電車が通るとき、注意が必要です。

1881年に着工し、1886年に完成。
橋の名前は、建設当時のポルトガルの王ルイス1世にちなんだものだそうです。

深いグレーの美しいアーチは歴史ある街並みによく映え、一目その雄姿を見ようと多くの観光客が足を運びます。
しかしこの造形、見覚えがあるような…そうです。
この橋は、あのパリのランドマーク・エッフェル塔を設計したギュスターヴ・エッフェルの弟子のひとり、テオフィロ・セイリグが設計したもの。
言われてみれば、ということにはなりますが、エッフェル塔の弟分(妹かも)とも言える美しいアーチ橋。
美しく見えるポイントはポルトの街中の至るところにありますので、ベストショットを探して両岸を行き来するのも楽しいです。

まるで魔法使いの書庫のような「レロ・イ・イルマオン」

歴史ある街には、古い書物がよく似合います。
ポルトガルの歴史ある街・ポルトには「世界で最も美しい本屋」と呼ばれる本屋さんがあるんです。
中はとにかく”美しい”の一言。
天井にはステンドグラス、店の中央には優美ならせん階段。
これが書店?博物館じゃないの?と錯覚を起こす人も多いのではないでしょうか。
一見、古文書館かと見まがうほど荘厳な雰囲気で、客に混じって魔法使いが調べものをしていてもおかしくない感じです。
レロ・イ・イルマオンは1869年創業という歴史ある書店で、現在の建物は1909年に建てられたもの。
特に教会や礼拝堂を模したというわけではないのかもしれませんが、外観もネオゴシックとアールヌーボーを混ぜたような美しさで見ごたえがあります。
書店ではありますが観光スポットにもなっているため、中に入るための行列ができていることも。
訪れた人たちはみなさん、店内をまわりつつ熱心に写真撮影をしています。

古い街には、古い街にあう建物が建てられ、その景観を見るために人が集まる。
そうやって街の歴史がひとつひとつ紡がれていくのだなぁ、そんなことを感じさせてくれるスポットです。

フランスともイギリスとも違う、温暖な気候が作り出す色鮮やかな街並みは、歩いていても目見麗しく、ついついカメラを構えたくなります。
「インスタ映え」なんて言葉のなかった時代から、ポルトガルの街々は既に、明るく鮮やかに彩られていました。
ベストショットを求めてポルトガルの歴史的建造物を巡る旅、楽しんでみてください!

(引用:wondertrip)



男の最強ステイタス鞄「アタッシェケース」の魅力

fivewoodsアタッシェケース・オレンジ色\78,000(品番:FW39129) fivewoodsアタッシェケース・チョコ色\78,000(品番:FW39129)


 【無料】3ヶ月間オンライン投資スクールキャンペーン

世界的に有名なプロのトレーダーによる3ヶ月の本格投資スクールが
今なら「全編無料」で受講できます。
 
投資の正しい判断基準や知識を適切な方法で学ぶことができます。
100万円を支払っても、日本国内ではそうそう受講できない
洗練された知識を、分かりやすく丁寧に教える質の高いオンライン講義です。
 
「途中から有料になる」「後からより高額の商品が紹介される」 
といった事は一切ありませんので、どうぞご安心ください。

3か月間、最後まで完全に無料で、世界基準の投資知識、スキルを学んでいただけます。 この本格投資スクールを受講されたい方は、以下のバナーより、お申し込みください!

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
旅 食事 グルメ トラベルバッグ 旅行カバン 海外旅行 人気ツアー 旅行雑貨 スーツケース おみやげ 旅行記 絶景 世界遺産 卒業旅行 観光案内 女子旅 テーマパーク リゾート 旧所・名所 見どころ 治安情報 観光スポット ショッピング
旅 食事 グルメ トラベルバッグ 旅行カバン 海外旅行 人気ツアー 旅行雑貨 スーツケース おみやげ 旅行記 絶景 世界遺産 卒業旅行 観光案内 女子旅 テーマパーク リゾート 旧所・名所 見どころ 治安情報 観光スポット ショッピング