旅 食事 グルメ トラベルバッグ 旅行カバン 海外旅行 人気ツアー 旅行雑貨 スーツケース おみやげ 旅行記 絶景 世界遺産 卒業旅行 観光案内 女子旅 テーマパーク リゾート 旧所・名所 見どころ 治安情報 観光スポット ショッピング
旅 食事 グルメ トラベルバッグ 旅行カバン 海外旅行 人気ツアー 旅行雑貨 スーツケース おみやげ 旅行記 絶景 世界遺産 卒業旅行 観光案内 女子旅 テーマパーク リゾート 旧所・名所 見どころ 治安情報 観光スポット ショッピング
旅 食事 グルメ トラベルバッグ 旅行カバン 海外旅行 人気ツアー 旅行雑貨 スーツケース おみやげ 旅行記 絶景 世界遺産 卒業旅行 観光案内 女子旅 テーマパーク リゾート 旧所・名所 見どころ 治安情報 観光スポット ショッピング
【無料】3ヶ月間オンライン投資スクールキャンペーン

中東「シリアの世界遺産」の話題

海外旅行

中東「シリアの世界遺産」の話題
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

旅行に関する面白い話題や観光案内および役に立つ情報等を紹介しています。

今となっては訪れることのできない「幻の世界遺産」。

「シリア」と聞くと、どんなイメージが浮かぶでしょうか?
おそらく「怖い」「テロ」「内戦」「イスラム国」といった辺りでしょう。ニュースで見ない日がほとんど無いくらい、聞こえてくるのは悲しい話ばかりですから。
ですが、エジプト特派員時代を含めたこの20年、中東の様々な国を見てきた僕に言わせれば、心優しい人々に接した機会が一番多かったのがシリアだった気がします。
かつて、といってもほんの5、6年前まで、世界をまわるバックパッカーにとって、シリアは中東で欠くことのできない国でした。レバノン→シリア→ヨルダン→イスラエルという定番ルートを歩んだ旅人も少なくないでしょう。
今回は「本当はそんな国ではなかったのに…」という思いを抱きつつ、僕のアルバムに残る「今となっては行けないシリアガイド」をお届けしたいと思います。

砂漠のど真ん中に広がる 巨大な都市遺跡

シリアに観光で行くと、現地の人からは大抵「パルミラはもう見たか?」と言われたものです。日本でいう京都的な存在といえば分かりやすいかもしれません。
シリアのちょうど中央あたり、砂漠のど真ん中にあるのがパルミラ(アラビア語ではタドモル)です。周りには、本当に何もなし。ここには紀元前3世紀から続くローマ時代の都市遺跡が、世界遺産として丸ごと残っていました。

首都ダマスカスから砂漠の中を車で走ることおよそ3時間。パルミラの入り口、バックパッカー目当てのホテルやレストランが並ぶ大通りに着きます。 パルミラはオアシスに接した人が住む街と、都市の遺跡、それに郊外に点在する塔墓、さらに街全体を見下ろす丘の上に立つ「アラブ城」から成り立ちます。

心から思う。 「内戦さえなければ…」

遺跡ゾーンに入ってまず目に入ったのがベル神殿です。舗装道路があるのはここまで。この先には、ほとんど手付かずのローマ時代の都市が広がっていました。
僕が初めて訪れたのは1996年、それから10年経って再訪しても何も変わっていませんでした。内戦さえなければ更にこの先何十年、いや100年以上、変わらぬ姿を残していたのではないかと思います。

ベル神殿から列柱道路と呼ばれる柱が並ぶ、メインストリートが続きます。この辺りはガイドの乗ったラクダが時折行き来する程度で、本当に手付かずで遺跡に触れることが出来ました。
石畳の先に残っていたのが「四面門」というパルミラ遺跡の見どころの一つです。さらにその脇にはローマの円形劇場が広がっていました。あちこちに残る住宅跡や浴場跡を歩き回っていると、古代ローマ帝国の時代に、シルクロードを越えてきた旅人や、パルミラの人々の暮らしが目に浮かぶようです。

パルミラ観光では、日差しのまだ弱い午前中に神殿や四面門、円形劇場などを歩いて見て回る。そして、太陽の照りつける日中は、遺跡の中にあるホテルや街でランチを取りながら一休み、日が弱くなる夕方に、ガイドの運転する軽トラの荷台やタクシーに乗って、郊外の塔墓を幾つか巡るのが定番でした。

決して忘れられない 砂漠と夕日

遺跡巡りのハイライトが「アラブ城」。

夕方、日が沈む前に丘の頂上の城を目指しました。車でも登れますが、やっぱり徒歩がベター。岩肌を歩いて登り、振り返ると街の先、遥か遠くまで見渡す限り岩の砂漠が広がる景色は、今でも決して忘れられません。
日の沈む頃、城壁には多くの観光客が足を投げ出して座ります。僕も一緒になって、壁の色をオレンジ色からダークブルーに変えながら地平線に沈む夕日を眺めたものです。

さて、2017年のパルミラはどうなっているのか──。
どうやらここまで紹介してきた写真の光景は、遺跡の「末期」の写真となってしまったようです。シルクロードの時代から東西・南北の砂漠の交易路の要衝だったパルミラは、現代でも同じく戦略的な要衝であることに変わりなく、そうであるが故に都市の遺跡は破壊されることになってしまいました。
2015年にイスラム国が制圧したあと、円形劇場は彼らに反抗する市民が連れてこられ処刑場と化したといいます。イスラム国の戦闘員が立て籠もったアラブ城も、激しい戦闘に晒されました。ベル神殿や四面門なども破壊され、2000年以上の歴史に幕を閉じました。その後、ロシアの支援でシリア政府軍が一時、パルミラを取り返したものの、去年の暮れに再びイスラム国が侵入。今年に入ってようやく解放されたと伝えられています。
また自由にパルミラの遺跡を歩くことが出来るのは、いつの日になるのでしょうか。

(引用:TABI LABO)



「男の勝負鞄とは?」

男の気品を醸し出す「ダレスバッグ」の魅力!

ダレスバッグ倶楽部


男の最強ステイタス鞄「アタッシェケース」の魅力

fivewoodsアタッシェケース・オレンジ色\78,000(品番:FW39129) fivewoodsアタッシェケース・チョコ色\78,000(品番:FW39129)


 【無料】3ヶ月間オンライン投資スクールキャンペーン

世界的に有名なプロのトレーダーによる3ヶ月の本格投資スクールが
今なら「全編無料」で受講できます。
 
投資の正しい判断基準や知識を適切な方法で学ぶことができます。
100万円を支払っても、日本国内ではそうそう受講できない
洗練された知識を、分かりやすく丁寧に教える質の高いオンライン講義です。
 
なぜ無料なのか?その理由は2つあります。
 
1つ目は、「日本に本物の投資知識を広めたい」という主催者の思いです。
日本で「本格的な投資教育が浸透していない」
事が根本の原因で、少し投資を知っていれば、絶対に手を出さないレベルの
危険で怪しいものに騙されて、資産を失ってしまう方が大勢おられます。
そういった事をなくす為に、本格的な投資教育の先駆けとして
本物の教育を広めたいと考えた事がまず1つ。
 
そして、2つ目は、今回の企画によって、より多くの「投資に興味のある人たち」と接点を持ちたいという主催者の思いです。
これからの時代、投資が日に日に重要性を増して行く中、
一人でも多く「本物の投資知識を学びたい」という方々との関係を築いていくことが事業の発展にとても重要だと考えているのです。 
要するに、一人でも多くの仲間を作りたいというのが本音の思いなのです。
 
そのような目的で始めた企画ですので、 
「途中から有料になる」「後からより高額の商品が紹介される」 
といった事は一切ありませんので、どうぞご安心ください。

3か月間、最後まで完全に無料で、世界基準の投資知識、スキルを学んでいただけます。 この本格投資スクールを受講されたい方は、以下のバナーより、お申し込みください!

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
旅 食事 グルメ トラベルバッグ 旅行カバン 海外旅行 人気ツアー 旅行雑貨 スーツケース おみやげ 旅行記 絶景 世界遺産 卒業旅行 観光案内 女子旅 テーマパーク リゾート 旧所・名所 見どころ 治安情報 観光スポット ショッピング
旅 食事 グルメ トラベルバッグ 旅行カバン 海外旅行 人気ツアー 旅行雑貨 スーツケース おみやげ 旅行記 絶景 世界遺産 卒業旅行 観光案内 女子旅 テーマパーク リゾート 旧所・名所 見どころ 治安情報 観光スポット ショッピング