旅 食事 グルメ トラベルバッグ 旅行カバン 海外旅行 人気ツアー 旅行雑貨 スーツケース おみやげ 旅行記 絶景 世界遺産 卒業旅行 観光案内 女子旅 テーマパーク リゾート 旧所・名所 見どころ 治安情報 観光スポット ショッピング
旅 食事 グルメ トラベルバッグ 旅行カバン 海外旅行 人気ツアー 旅行雑貨 スーツケース おみやげ 旅行記 絶景 世界遺産 卒業旅行 観光案内 女子旅 テーマパーク リゾート 旧所・名所 見どころ 治安情報 観光スポット ショッピング
旅 食事 グルメ トラベルバッグ 旅行カバン 海外旅行 人気ツアー 旅行雑貨 スーツケース おみやげ 旅行記 絶景 世界遺産 卒業旅行 観光案内 女子旅 テーマパーク リゾート 旧所・名所 見どころ 治安情報 観光スポット ショッピング
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

英国「スコットランド」の話題

海外旅行

英国「スコットランド」の話題
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

旅行に関する面白い話題や役に立つ情報を紹介しています。

元住民が解説!スコットランドの観光の観光完璧ガイド

私たちが、英国あるいはイギリスと呼んでいる国の一つを構成しているスコットランド。青地に白いクロスが印象的な旗が、スコットランドの国旗です。

昨今はイギリスから独立する、しないということで、ニュースで騒がれたスコットランド。もともと1709年までは、スコットランドとして独立国でした。言葉も、ゲール語と、英語だけどもスコットランド特有のなまりがあり、知れば知るほど魅力的な国。そんなスコットランドを旅するときに、役立つ情報をお教えします。

スコットランド観光の前に知っておこう!ずばりスコットランドってどんなところ?

自然が豊かなケルト文化の国がスコットランドです。
スコットランド最大の都市グラスゴーは文化を生み出し、常にスコットランドのトレンドを牽引しています。
スコットランドの新たな音楽を楽しみたい人は、夜にぶらぶらとパブを歩いてみるとよいでしょう。

夏にはエディバラフェスティバルが開催され、まだ、北部にあるスコットランドでは少々肌寒いかんじもありますが、それでも多くの人が毎年このフェスティバルを楽しみに訪れる、そんな国です。

スコットランドの有名なものってなに?

一般的にスコットランドといって、イメージするものは、エディンバラ城。
想像上の動物だけども、ネス湖のネッシー。
音楽面やファッションでも独特なスコットランド。
キルトを履き、バグパイプをふく人をイメージする人もいるかもしれませんね。
多くの人がすぐにイメージするキルトですが、16世紀の男性が膝丈ではいていたもの。

ある一定の年齢から上の人にしてみれば、キャンディ・キャンディに出てきた丘の上の王子様!がまさにそのバグパイプ吹きの格好をしているのをおぼえているのではないでしょうか?

バグパイプは、あの独特の音が一度聞いた忘れられないという人もいるかもしれませんね。
現在でもエディンバラの軍隊によって、キルトを履いた人たちとバグパイプのパレードを八月に見ることができますよ。

そのほかスコットランドで何が有名かというと、想像上の動物でだと、ネッシーと同じくらいユニコーンが有名です。
実は、ユニコーンは、スコットランドの正式な動物に認定されています。
スコットランド人は想像上の動物が好きなんですよ。
ユニコーンは、1466年と1488年にコインにまで使われていたほど。

同じく想像上のネッシーは、1500年以上も前に現れたネス湖の怪物。
1934年に農夫が食べられたなる証言もあるのだとか。
考えてみれば、あの偉大なる想像上の探偵シャーロック・ホームズ。
彼の生みの親であるコナン・ドイルもスコットランド人です。

スコットランドの国のホームページによると、国を代表するものといえば、ウィスキー。
確かにスコッチウィスキーは日本でも名前が知れ渡っていますね。
綴りもwhiskyとwhiskeyの二種類がありますが、この違いは、アメリカとアイルランドのウィスキーのスペルには、Eが入ることが多く、カナダ、日本、そして本場スコットランドはEが入らないウィスキーのスペルを好む傾向があるということらしいですよ。

食べ物の話でいえば、、スコットランドは、イングランド、ウェールズ、アイルランドとまた違った傾向があります。
スコットランドの伝統的かつ名物料理といえば、ハギス。
そしてシェパードパイでが有名。

もう一つ、スコットランドで有名なものといえば、ゴルフ。
これも国のホームページに記載されています。
なんと570を超えるゴルフ場がスコットランドにはあるそうですよ。
スコットランドの文化の一部でもあるゴルフ、機会があったらぜひスコットランドで楽しんでみてはいかが?

スコットランド観光ってどのくらいの日数があれば楽しめる?

日本からスコットランドの空港までは直行便がないため、ヒースロー空港を利用し、そこから電車、深夜バスのコーチあるいは国内線の飛行機を利用ということなります。

ロンドンを経由せずに他国のハブ空港で乗り換え手ということになります。
航空券の値段と時間は比例しているようで、してない。
乗り換えまちなので30数時間往路に時間がさかられることもあれば、17時間ほどでスコットランドに行ける場合もあります。

かりに17時間フライトにかかるとしたら、最低でも二日は移動に使います。
ただ、スコットランドは小さな国なので、3日間滞在で盛それなりに見て回和ることができます。

余裕をもってスコットランドを楽しみたい場合は、5日から7日ぐらい滞在がおすすめです。

スコットランド観光で必要な費用・予算は?

直行便がないということは、近隣のどこかの国で乗り換えてスコットランドへ行く形になります。
エティハド航空は比較的安く、乗り換えのアブダビで中東を見ることができるメリットが大。
サービスもよくおすすめで、10万前後。

ヒースロー空港までの便だとかなりいろんなところから直行便がでていますが、こちらは15万前後。
チケットは購入時期によってかなり差があるので、これを安く手に入れられたら、旅行の予算はずっと下がります。

とりあえず、英国内まで行くのに15万と考えて、ロンドンからスコットランドまで列車で行くのだとしたらキングクロス駅よりエディンバラまで4時間半ほど40£と思っていいでしょう。

コーチと呼ばれている長距離バスがイギリス国内を運行しており、このバスを利用していくこともできます。
メリットはバス内で一泊できるので宿泊代がうくこと。
9時間ほどかかり、電車の倍時間ひつようとなりますが、コストは電車の半分ほどで20£。
時間があり、安く旅したいときにおすすめ。

あと英国の良いところは、車が日本と一緒なので、レンタカーという手もありですよ。
もし、英国に友人がいる場合は、一緒に旅をレンタカーでしてみるというのもいいですね。
知り合いがいなくても日本からレンタカーを手配することが簡単にでき、ヒースロー空港から利用することができるのでお試しあれ。

国内線ヒースローからスコットランドまで飛行機を利用する場合は、1時間半ほどのフライトで、25£から倍額あたりと考えておきましょう。

そのようなわけで、スコットランドまで行くのに、多く見積もって20万ぐらいです。

滞在費は、どこに泊まるかによりますが、例えば、個室にこだわらない、安く上げたい、各国の人と出会いたいなどの場合は、ユースホステルがおすすめ。
15£前後から宿泊可。
ユースホステルなどでも個室もあるので、いろいろ尋ねてみましょう。

次におすすめなのが、YMCA, YWCA。
あるいは学生寮の類。
YMCAなどはクリスチャンでないから宿泊ができないと思う人もいるようですが、関係なく宿泊できます。
これもユースホステルと変わらず安く、地元の大学生が長期寮として滞在していますので、地元の人との触れあるチャンスもあり楽しいですよ。

コテージなど、田舎で一軒家丸々借りるということも可能。
友人数名との場合だと、これも安く着きます。
4人で250£前後からあります。
1人50£なので、悪くありませんね。

朝食つきのBBは、スコットランドでも多くあり、こちらも25£から50£あたりまで。
滞在が長くなれば、お得になるケースもあり要チェック。

一般的なホテルだと、35£あたりがらで、100£あたりまででかなりよい部屋に宿泊できます。
もちろん高級ホテルになると300£/一夜なども。
また、ホリデーシーズンなどハイシーズンは、どの国も宿泊費が高くなりがちです。
ただ、全体的にロンドンなどの大都市に滞在するよりは、安く済みますよ。

仮に50£のホテルに5日間の宿泊となると250£ほど。
£を200円として計算すると5万円ほどが滞在費。
先ほどの航空券とあわせて、25万ほど。

残りは、食費やスコットランド国内の移動費/施設利用料となりますが、5日間で1日50£/1万円としても5万もあれば十分でしょう。

30万あると、スコットランド観光はOK。
いかに安い航空券をとることが可能か?が予算を安く抑えるコツとなりますよ。

ベストシーズンってある?

多くの観光客が訪れる夏の期間は、スコットランドに限らず欧州は行き時なのかもしれません。
ただ、そのような時期はチケットが高騰していたりと、いろんな面でベストでない可能性もあります。

スコットランドで何をしたいかによってベストシーズンは変わってくるでしょう。
気候を考えたら、春先、秋はとても良い季節でアウトドアアクティビティも楽しめます。
スコットランドの大自然、湖や、きれいな星空を眺めたりもできますよ。

夏は、フェスの季節。
音楽フェス、アートフェスなどが多くあります。
イギリスといえば、グラストンベリーという音楽フェスが有名ですが、昨今は、スコットランドのT in the parkが広く知られるようになってきました。
フェス好きには夏がベストシーズンといえます。

冬のスコットランドも魅力的で、スキーを楽しむことができるほかに、大みそかの祭りであるホグマネイ。
そしてショッピング好きにうれしい、暮れになるとある大バーゲンセールをグラスゴーやエディバラで楽しむということもできるので、そのような人にとっては冬がベストシーズンとなるでしょう。

一般的には初夏から初秋が、ベストシーズンです。

(引用:wondertrip)

スコットランド観光のモデルコース



誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
1
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
旅 食事 グルメ トラベルバッグ 旅行カバン 海外旅行 人気ツアー 旅行雑貨 スーツケース おみやげ 旅行記 絶景 世界遺産 卒業旅行 観光案内 女子旅 テーマパーク リゾート 旧所・名所 見どころ 治安情報 観光スポット ショッピング
旅 食事 グルメ トラベルバッグ 旅行カバン 海外旅行 人気ツアー 旅行雑貨 スーツケース おみやげ 旅行記 絶景 世界遺産 卒業旅行 観光案内 女子旅 テーマパーク リゾート 旧所・名所 見どころ 治安情報 観光スポット ショッピング